完全クラウド型モバイルビジネスコミュニケーション – Mobile One   キャンペーン実施中

「仕事」と「子育て」は両立できる?!子育て世代にやさしい在宅型テレワークのすすめ

Home / 新しい働き方 / 「仕事」と「子育て」は両立できる?!子育て世代にやさしい在宅型テレワークのすすめ
More Story

在宅型テレワークで、〇〇〇がアップ!?これから必要なテレワークとは
2016年12月20日 - 2:01 PM
近年、新しい働き方として注目されている形態のひとつが、オフィスに行かず自宅で会社と同様の仕事ができる「在宅型テレワーカー」です。 国土交通省発表の「平成26年度テレワーク人口実態調査」によると、日本における在宅型テレワーカーの数は、もっとも多い年で2012年の930万人。2014年には減少し、550万人となっています。 減少傾向こそあるものの、日本政府は「日本再興戦略」(2013年策定、2014年改訂)において以下のような目標を掲げています。 2020年には・・・ テレワーク導入企業を2012年度比で3倍に 週1日以上終日在宅で就業する「雇用型在宅型テレワーカー」の数を全労働者数の10%以上に 女性の就業支援等により、第一子出産前後の女性の継続就業率を55%に 同様に、25歳から44歳までの女性の就業率を73%に さて、テレワークの先進国であるアメリカは、最低週1回は在宅勤務をしている人が全体の労働人口の10%。ほぼ毎日在宅勤務の人は4.3%ほどというデータがあります。 2012年、スタンフォード大学は、在宅勤務によって生産性が13%向上するという研究結果を発表しました。 しかし、この研究で明らかになったのは生産性の向上だけではありません。 ☑ 在宅勤務グループの離職率が50%低下した ☑ 仕事への満足度が上がった ☑ 休憩時間が短くなり、病欠日数が減った ☑ オフィス用品の経費削減につながった このようにテレワークは、労働者だけでなく、雇用する企業側にとっても「労働力確保」「生産性の向上」「経費削減」、などから有効であるといえるでしょう。 今後、テレワークは多くの企業で求められる働き方になると考えられます。 日本でもアメリカのように、「週に一度は在宅勤務」という社員が増えてくるかもしれません。 その時、きちんと対応できるか、設備が備わっているか。 企業としての現状を今一度思い返してみませんか? PBXLでは企業とテレワーカーが効率的に仕事を進めていけるようなサービスを提供していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 詳しくはホームページをご覧いただくか、弊社までお問合せください。 http://pbxl.co.jp/

03-4550-1603
  • PBXLニュースレターを購読いただくと、最新情報が毎月お手元に!
    現代クラウド市場の動向、製品情報、最新のブログ記事など、
    見逃せないニュースが満載です。

    送信
    申し訳ありませんが、加入者リストにメールを追加する際に何らかのエラーが発生しています。もう一度お試しください
    購読ありがとう