お引越しでおトクにクラウド!オフィス移転・新設をお考えなら   キャンペーン実施中

今更聞けない!クラウド入門

Home / クラウド全般 / 今更聞けない!クラウド入門
More Story

身近に潜む影。情報漏えいにもつながる「シャドーIT」とは
2016年10月10日 - 9:16 PM
会社で許可されていないデバイスや各種クラウドサービスを“仕事で勝手に利用する”。さて、これはよいことなのでしょうか? 実はこの行為は「シャドーIT」といい、今非常に問題になっているのです。 このブログではBYOD(私用端末の業務利用)を重点的にご紹介してきましたが、今回のテーマである「シャドーIT」はまたBYODとは異なります。シャドーITの特徴は、使用する端末が「会社で承認されていない」という点。 例えば、以下のようなことをしていたご経験はありませんか? ・家で仕事がしたいから、自宅のPCに会社のファイルを送る。 ・自分のスマートフォンに会社の重要なメールを保存したり、ファイルが見られるように設定したりする。 ・オンラインストレージやメール、クラウドサービスを利用して機密ファイルを持ち出した。 おそらく、「あ、したことある…」とドキリとされる方もいるのでは? シャドーITを放っておくと、とんでもない事態が起こりえます。 例えば、スマートフォンに機密情報を保存していた場合、そのスマートフォンを紛失してしまったら一大事です。その情報が第三者の手に渡り、悪用される可能性だってあるのです。 会社が管理していないクラウドサービスに機密情報をアップするのも非常に危険です。たとえば、その社員が明日辞める身であったとしても、クラウドにはいつでもアクセスできてしまいます。その社員が情報を悪用する場合だってあり得るのです。 しかし、ではすべてのファイルを会社内で…というのも時代に合いません。 在宅勤務の需要や、グローバル化による海外とのやり取りなどが増加する中、ビジネスをスムーズに進めるためにはクラウドの利用が不可欠です。 重要なのは、会社がクラウドの利便性をきちんと理解し、そして安全性・信用度の高いクラウドサービスを利用するということです。つまり正しいBYODの形をとる、ということです。 私たちPBXLは長年にわたりクラウドサービス、新しい働き方を実現する方法を事業として進めてきました。「もしかしてうちもシャドーIT問題があるかもしれない」 そんな不安を抱えていらっしゃる方はぜひお気軽にお問合せ下さい。 PBXL...

03-4550-1603
  • PBXLニュースレターを購読いただくと、最新情報が毎月お手元に!
    現代クラウド市場の動向、製品情報、最新のブログ記事など、
    見逃せないニュースが満載です。

    送信
    申し訳ありませんが、加入者リストにメールを追加する際に何らかのエラーが発生しています。もう一度お試しください
    購読ありがとう