完全クラウド型モバイルビジネスコミュニケーション – Mobile One   キャンペーン実施中

在宅勤務だけじゃない!ビジネスマンにも便利な「モバイルワーク」

Home / 新しい働き方 / 在宅勤務だけじゃない!ビジネスマンにも便利な「モバイルワーク」
More Story

仕事と子育てを両立させられる?!より効率的に働くモバイルワークとは
2017年2月10日 - 12:25 AM
前回に引き続き、子育てとテレワークがテーマです。 テレワークとは場所に縛られず、IT技術を駆使して仕事をする新しいビジネススタイルのことを言います。 このテレワークには3つの種類があります。 1:在宅勤務 2:サテライトオフィス勤務 3:モバイルワーク 今回はその中でもモバイルワークについてご紹介いたします。 モバイルワークとは、スマートフォンやPCを利用し、移動しながら/移動先でも仕事の連絡がとれる働き方です。社内外いつでもどこでも必要な情報をモバイル端末から閲覧できることを可能にすることで、場所を選ばない柔軟な働き方を可能にします。 例えば、子供を幼稚園までおくり、その後、他社で打ち合わせ。資料はモバイル端末で閲覧が可能なため、遠回りして会社に行く必要もない。といったことが可能となります。 重要な資料の確認もモバイル端末一つで可能となるので、育児中であっても、対応ができるようになります。 こういったモバイル端末(スマートフォン)一つで、会社という場所に都度行く必要をなくし、時間や場所に縛られない自由なビジネスが生まれるのです。 しかし、「会社という場がなくなれば、社員の責任は薄れるのではないか?」という心配があるかと思います。 ある大手企業が行った、働くママ向けのワークショップこのような声があったと言います。 「モバイルワークだからこそ、『知りませんでした』ということは許されない。より密な連絡をとろうと自分自身にも責任が芽生える」 「モバイルワークだからこそ、信頼関係を築く必要がある」 会社にいかないからといって、社員の責任感やコミュニケーションが薄くなるというわけではなく、顔を合わせる回数が減るからこそ、密なコミュニケーションや個人の責任を重くとらえる人が多いようです。このように考える優秀な人材を、「育児で働けない」という理由で失うのは企業にとっても大きな損害であると言えるでしょう。 女性の社会進出と、子育ての両立の問題に取り組み、モバイルワークを取り入れようとしている、取り入れている会社は徐々に増え続けています。 その結果、優秀な人材の確保・雇用の課題の解決に企業はつながっています。 女性だけの問題ではありません。親の介護が必要となった男性社員の労働力確保にもこの制度は非常に画期的です。 場所に縛られない働き方というには男女ともに必要であり、これから求められる新しい働き方です。日本政府も力を入れてきているこの働き方を、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか? PBXLサービス一覧 お問い合わせ

03-4550-1603