完全クラウド型モバイルビジネスコミュニケーション – Mobile One   キャンペーン実施中

新しいPBXLモバイル&PCクライアント新バージョンをリリース

Home / PBXLニュースレター / 新しいPBXLモバイル&PCクライアント新バージョンをリリース
More Story

新しいワークスタイルにこそピッタリな、クラウドフォンのメリットとは
2016年8月29日 - 10:40 AM
このブログでもたびたび出てくるキーワード「クラウドフォン」。 単純に「クラウド+電話」ということは、想像していただけると思います。 しかし、いったいどんなもので、どんなメリットがあるかはご存知ですか? 今回は、この分かるようで実はきちんと理解されていない「クラウドフォン」についてご紹介します。 まず知っておくべきなのは、従来のビジネスフォンが問題を抱えていたということ。 従来のビジネスフォンには、「電話をかける」「受ける」「留守番機能」といったまさに「必要最低限」の機能しかありませんでした。 これは自宅では十分かもしれませんが、ビジネスツールとしては物足りないですね。 そこで、次に登場したのがPBX(構内電話交換機)です。PBXの誕生で、ビジネスフォンの機能は飛躍的に拡大しました。今では当たり前となっている保留・転送設定や3者同時通話などもPBXの大きな役割と言えます。 しかし、ここで大きな問題が発生します。それは機能拡大と比例して、多額のコストも発生してしまったということです。 ハードウェア導入費が数十万。大規模なものなら数千万円。管理費は常に必要。そして割高な通話料など…。 機能は魅力的ですが、なかなか手が出せない、もしくは手を出したとしても経営を圧迫する要因になってしまっていました。 さらに問題となったのはその非効率性です。従来の「固定のビジネスフォン」のみを想定したビジネス環境ではPBXのような新しいワークスタイルへの適応が難しく、たくさんの機能があるのにたまにしか使わない、という非効率なビジネスコミュニケーションスタイルを強いられてしまいました。 この問題をすべて解決してくれるツールとして登場したのがクラウドフォンです。 ネット経由でPBXを利用したり、音声をやりとりしたりできるので、通話料も初期費用も大幅に削減できます。不要な機能は削り、必要な機能のみを選択して、自分のスタイルにあったビジネスフォンを作り上げることができます。 また、在宅勤務など、最近増えてきた新しいワークスタイルに対応できるのもクラウドフォンの強みです。近年はオフィスで仕事をするスタイルだけでなく、ノマドと呼ばれるオフィスを持たない形態で仕事をする人や、在宅で子育てをしながら働く女性など、働くスタイルも場所もどんどん自由になってきています。いつでもどこでもクラウドでつながる、というワークスタイルがこれからは主流になってくるかもしれません。 PBXLは何年も前から未来型のワークスタイルづくりに着目し、クラウドフォンの拡大に力をいれてきました。ただ音声で通話するだけではなく、会議(カンファレンス)、ディレクトリ、グループ機能など、オフィスの業務効率をアップさせるビジネス機能が揃っているのも魅力です。 この経験と技術により培われたクラウドサービスの実績、ノウハウ、そして信頼度はどこよりも上であると自負しています。ビジネスフォンでお困りの方はぜひお問い合わせくださいね。 詳細はこちら PBXL...

03-4550-1603
  • PBXLニュースレターを購読いただくと、最新情報が毎月お手元に!
    現代クラウド市場の動向、製品情報、最新のブログ記事など、
    見逃せないニュースが満載です。

    送信
    申し訳ありませんが、加入者リストにメールを追加する際に何らかのエラーが発生しています。もう一度お試しください
    購読ありがとう