UCサービスで中小企業の働き方を改革

Home / UCサービスで中小企業の働き方を改革
More Story

テレワークが日本で普及しない理由とは?
2019年1月31日 - 7:44 AM
いわゆる働き方改革で一躍注目されるようになったテレワーク。働く人のワークライフバランスを改善する決定打として、あるいは業務の生産性を向上させる効果的な方策として期待されています。 しかし、テレワークに対する注目度が急激に上がる一方で、実際に導入にまで至る企業の数はまだ限定的です。なぜ日本では、なかなかテレワークの普及が進まないのでしょうか。その理由を探ってみました。 セキュリティ面の不安と導入コストが最大の壁? 日本企業がテレワーク導入を検討する際、一番心理的な障壁となりやすいと言われているのがセキュリティに関する不安と、導入にかかる大きなコストです。テレワークでは、会社の安全なネットワークの外から業務をすることになるので、どうしてもセキュリティ上の不安がつきまといます。 また、テレワークを導入するとなると、ノートパソコンなど対応デバイスの用意や、社内制度の構築、さらにセキュリティ対策といったことに多大なコストがかかるのが一般的です。これは特に中小企業にとって、テレワーク導入を阻む高い障壁となっています。 日本型の働き方が足かせになっている可能性も もうひとつ、国内企業の多くがテレワーク導入に踏み切れない理由として指摘されている要因に、「日本型の働き方」があります。日本では、一人ひとりの割り当て業務が決まっていたとしても、その垣根を越えて適宜フォローし合うのが一般的。そのため「この人はこの仕事」というようにはっきり分割するのが難しく、テレワーク移行へのネックとなっているのです。 それに日本企業では、社員同士の社内外を問わない深いコミュニケーションによって業務が成り立っていたり、信頼関係が構築されていたりする傾向があります。結果として、実務上も心理的にも、テレワーク導入へのハードルが高くなっているようです。 クラウドPBX...

03-4550-1603